ウーマン

平屋建てが人気です

作業員

間取りも自由自在です

和風住宅は平屋建てが基本です。西洋建築による2階建てが広まってからというもの平屋建てをオーダーする方は少なくなってしまいましたが、最近では再び増加する兆しを見せています。平屋建て住宅が脚光を浴びている理由の一つが耐震性の高さです。そもそも日本においても2階建て住宅は古くから存在していましたが、我が国においては寺社建築や武家建築など一部の例外を除いて普及しませんでした。その理由は2階建ては構造的に耐震性が低いからです。寺社建築や武家建築のように大きな構造を持つ建物であれば耐震強化もできますが、個人住宅のように小規模の場合は耐震強化が難しかったことが影響しています。その一方で平屋建ては2階部分がないので重心が低く屋根も軽くなるので、地震の横揺れや縦揺れに対しても強いことから広く普及しました。これから住宅を購入する方で平屋建てを希望する方は宮大工に相談しましょう。宮大工は和風住宅を建てるスペシャリストです。本来は寺社建築が専門ですがオーダーすれば個人住宅も請け負ってくれます。宮大工の建てる平屋建てはその堅牢性の高さが特徴です。元々寺社建築で使われていた木組みの技術を利用した建築をオーダーできるので、地震の揺れや経年劣化に強い家を建てることができます。また宮大工が建築する平屋建てなら間取りも自由自在となっているので、いまでは難しくなった本格的な純和風のしつらえをオーダーすることができます。