ウーマン

築浅物件の魅力

部屋

リフォーム代を抑えられる

鎌倉市は人気の湘南エリアという事もあり、移住先として人気です。鎌倉の大仏や神社仏閣など、歴史ある建造物が多いという一方、都心へのアクセスも良く、生活しやすい環境が鎌倉市には整っています。歴史を感じながら、利便性の高い生活も送りたいという方に鎌倉市はピッタリです。鎌倉市は観光地という事から、土地の価格は高めとなっているため、中古一戸建てを購入する方が多いようです。中古一戸建てであれば人気エリアでも、お手頃な価格で販売されています。特に建てられてから10年から15年と、築浅の中古一戸建ては人気です。木造の一戸建ては20年・30年で、資産としての価値が無くなると言われています。これは、経年劣化で設備や内装が大きく傷んでしまうからです。10年・15年と比較的築浅の中古一戸建ては、まだ設備や内相はそれほど傷んでいはいません。リフォームする範囲が狭くて済むので、予算をあまりかけずに済みます。畜10年から15年程度の中古一戸建てであれば、壁のクロスや畳の張り替えといった簡単なリフォームで済むようです。クロスの張り替え早く50万円、畳の張り替え早く3万円程度が相場となっています。これが、築20年以上の中古一戸建てになると、お風呂やトイレ、キッチンといった水回りのリフォームが必要になるケースも少なくありません。水回りのフルリフォームは、かなりの予算が必要です。このような事もあり、鎌倉市内では中古一戸建てが多く選ばれています。